吸血鬼の襲来、魔狼の住処【攻略・動画・魔人の宿命・イベント・混血の狩人フラン】

魔人の宿命3:吸血鬼の襲来

■【実況】吸血鬼の襲来 ☆3

■編成
イベント3_吸血鬼の襲来_編成

■最終配置
イベント3_吸血鬼の襲来_最終配置

■敵について
・ゾンビ
ゾンビは麻痺攻撃をしてきます。
今回のイベントの麻痺は、麻痺状態でも敵ブロック可能になってますね。
「闇の忍者軍団」の時はブロック不可能でしたが麻痺にも違いがあるようです。

麻痺状態になると防御力が半分になり、敵をブロックしたままなのでものすごく倒されやすくなるので注意が必要ですね。
ただ、ゾンビは攻撃速度が遅いですし、このミッションはゾンビ出現数も少ないのである程度火力があれば麻痺する前に倒せると思います。

・コウモリ
コウモリはHPがそこそこ高いので1発で倒すのは難しいかもしれません。
防御力と魔法耐性は低いので、物理と魔法どちらで攻撃しても良さそうです。

移動速度は速いですが移動ルートがジグザクで遠回りするので、味方の遠距離ユニットを多めに設置しておけば簡単に倒せます。

魔人の宿命4:魔狼の住処

■【実況】魔狼の住処 ☆3

■編成
イベント4_魔狼の住処_編成

■最終配置
イベント4_魔狼の住処_最終配置

味方の遠距離ユニットの強さが重要になるミッションです。
弓とウィッチが強ければそれほど苦労しないと思います。

■敵について
・人狼
攻撃力が高く、防御力がとても高いので物理攻撃ではほとんどダメージが与えられません。
その代わりHPが低めで魔法攻撃がすごく有効なので、ウィッチで対応すると簡単に倒せます。

・フラン
今までのミッションよりも攻撃力がかなりアップしているので、遠距離ユニットが攻撃されるとあっという間に倒されてしまうので注意です。
ただ、ヘビーアーマーなどの防御力高めの近接ユニットなら簡単にダメージを下限に出来るのでそれほど対処は難しくないですね。

■敵のステータス
人狼:物理_550、防御力がかなり高いので魔法攻撃が必須
フラン:物理_450を2連射、HP高め、防御力と魔法耐性は低そう

“吸血鬼の襲来、魔狼の住処【攻略・動画・魔人の宿命・イベント・混血の狩人フラン】” への3件のフィードバック

  1. ZODI より:

    茄子さんの攻略動画を見てフーリの高性能を実感しました!

    手持ちが3体だったので、魔狼を周回してたんですが・・・
    期間中、泥率・フラン12に対して、フーリが3・・・

    フーリのほうがレアでしたw
    ま・拾った分でコストは下限行きましたけど・・・(スキルは4止まり)

    CCの為の素材もついでに拾えて良いミッションでした!

    んが・・・フランの扱いが・・・コスト面でフーリの方が良いですかね?
    (フラン5匹食わせましたが、コスト1しか下がりませんw)

    • 茄子 より:

      >ZODIさんへ
      ■フーリについて
      フーリは使ってみたら実際強い感じでした!

      コスト低め、スキル含めた火力が高め、耐久力もありますし、射程が短いのも逆にターゲットを狙いやすいという風にも使えますね。

      総合的にバランスよく強いのと、銀ユニットなので育成がしやすいので、結構オススメできるユニットです。

      ■フランについて
      フーリとフランは役割が変わってくる感じはしますね。
      フランは遠距離ユニットの中では、かなり防御的に優秀なユニットになっているということですね。

      あと覚醒すればアンデット特攻が付くのも大きそうです。
      アンデット系はやっかいな敵が多いですしね。

      • ZODI より:

        丁寧な解説ありがとうございます(^^

        1枚だけ居る「復讐者ヴィンセント」さんは凍結して、フーリを優先して育成します。

        フランも気長に育成して硬いアンデットキラーにしてみます。
        (覚醒の壁が厚いですが・・・w)当面の目標CCLv50です。

        最近のイベントプラチナの中ではかなり使える部類だと思ってます。
        (スキル使わないと攻撃しない堕天使とか・・・要らない子w)

        現在進行中のイベント動画も参考にさせてもらっていますが、銀弓ユニットCC後カンストしてないので火力が微妙でした(^^; (両名ともCCLv32)取り急ぎそちらの育成を優先したいと思ってます。

        今月の教訓
        「レギュラー銀ユニットはきちんと育成しよう!!」です。

        長文失礼しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト内検索

最新記事が見えない場合

F5で最新記事の表示か更新がされる可能性があります

このページの先頭へ