撤退で回収できるコストについて【例:フィリスの場合】

今回の記事で対象になりやすいユニットのフィリスです。
ずっと未CCで使っていましたが、コスト下限に出来たのでその内CCさせようと思ってます。
フィリス

撤退で回収できるコストについて【例:フィリスの場合】

撤退で回収できるコストは、出撃コストの半分で小数点以下は切り捨てです。
例:出撃コスト7 → 回収コスト3

この事で考慮した方がいいのは、出撃後すぐに撤退しやすいユニットについてですね。
援軍ソルジャーや、差し込みで良く使うユニットなどが該当します。

例えば、フィリスは初期コスト8で下限コスト5ですが、出撃して即撤退した場合の消費コストがどうなるのかという話です。

対象:未CCフィリス
出撃コスト 回収コスト 消費コスト
8 4 4
7 3 4
6 3 3
5 2 3

消費コストは、出撃コストが偶数の時しか減少しないということですね。
そのため出撃コストを8から5に低下させても、消費コストは1しか変化しないということです。

ただ、出撃コストが減ることで撤退するまでのコストに差が付くので、もちろん意味はあります。

ですが、すぐ撤退するユニットの場合、コスト低下しても消費コストの差は付きにくいといことは覚えておいた方がいいですね。

特にフィリスの場合、CC下限コスト8で、未CC下限コスト5なので消費コストの差は1だけです。

フィリスのCCを迷っている人は、この事も考慮した方が良いかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト内検索

最新記事が見えない場合

F5で最新記事の表示か更新がされる可能性があります

このページの先頭へ