【城プロRE】尚武の幟と邪祓の剣 絶弐(絶二) 難しい 全蔵|攻略・動画・イベント

実況動画

終盤の設置場所

尚武の幟と邪祓の剣 絶弐(絶二)_終盤設置

編成

尚武の幟と邪祓の剣 絶弐(絶二)_味方編成

特に強さが重要な城娘

忍城と島原城の2人は特に強さが重要です。
この2人は火力面と防御面の両方で負担が大きいのでここに一番強い城娘を設置しましょう。

コウモリの注意点

コウモリ

■コウモリの特徴
①攻撃が防御無視
②防御力がとても低い

今回のコウモリは攻撃してくるタイプです。
※手のようなものがある=攻撃してくるコウモリ

防御無視攻撃なので城娘が強くても倒されやすくなってます。
ただ攻撃力低下などは有効なのでそれらを合わせると楽になります。

また防御がとても低いので近接城娘でも倒しやすいのも特徴ですね。

移動の終点が殿なため放置すると殿が瞬殺されるので注意です。

彦根城の代わりに大坂城を使う場合

下記画像の場所に大坂城トークンを設置すると島原城と忍城を守ってくれます。
特技の範囲アップも役に立ちやすいので大坂城の方が楽にクリアできますね。

大坂城の場合

武器と施設について

■武器
菖蒲城の武器はフラガラッハがオススメです。
必須ではないですがあれば終盤が楽になります。
山形城は最初の攻撃範囲が大事なので桜花爛漫刀か長巻にした方がいいですね。
他は注意点がないのでオススメ武器を推奨です。

■施設
全部★1です。施設の優先順位はコチラ

敵編成

尚武の幟と邪祓の剣 絶弐(絶二)_敵編成

敵の特殊能力

尚武の幟と邪祓の剣 絶弐(絶二)_特殊能力

菖蒲城は特技効果もあってこのステージの中では頭一つ抜けて強いので注意です。
最後に単独で移動してきますが、1人でこちらを壊滅させる可能性があるくらいに強いです。

[端午]多賀城の「こいのぼり」は個数分効果が重複するので攻撃範囲+60で石弓にしては範囲が広めになってます。

動画の深志城の場所まで攻撃してくるくらいに広いので、最初の城娘の設置順番が大事です。
Wave1と2でトークンの設置場所を変更しているのも、[端午]多賀城にトークンが壊されるからです。

“【城プロRE】尚武の幟と邪祓の剣 絶弐(絶二) 難しい 全蔵|攻略・動画・イベント” への3件のフィードバック

  1. そらねこ より:

    更新お疲れ様です。

    参考にして突破できましたー。ありがとうございます。

    所感ですが、菖蒲城の位置はフラガラッハがないのであれば投剣の城娘もありかなーと感じました。
    耐久に難ありですが、射程は十分でそこそこ火力も出ますので。(耐久が一番問題だった?)

    コウモリの防御無視はかなり痛かったです……

    • 茄子 より:

      どうもです!( ´ ▽ ` )ノ
      最初が耐えれるなら後は投剣の方が強いと思いますよ~。
      コウモリは早く数を減らせるかどうかが大事っぽいです。

  2. ほむ禁止。 より:

    お疲れ様です。
    生放送時にちょっと触った責任を取って、ガチャの期待値の計算結果をあげます。

    wiki引用だとこんなです。
    半額9回    :(千狐珠) 90, (☆7)1.8, (☆6)4.5, (☆5) 10.4, (☆4)59.2, (☆3)14.1
    5ステップ   :(千狐珠) 50, (☆7)1.8, (☆6)4.4, (☆5) 5.1, (☆4)32.0, (☆3)7.6, (羅紗改壱)1, (羅紗改零)1

    ちなみに、5ステップの☆6の期待値は多分間違っていて、
    ステップ2以外のガチャでの期待値が2枚弱、確定枠(今回で言うと佐竹城)が1枚になりますが
    ステップ2だけちょっと複雑で、大まかに計算すると
    虹が出る確率(1)-虹が☆7である確率(0.2)+虹が複数ある確率(0.2)で、
    ☆6期待値はほぼ1になるので、合計で☆6は約4枚が期待値になると思います。
    なので、千孤玉40個+☆6が0.5枚と、☆7羅紗1枚、☆6羅紗1枚+ツバサ特2枚のバーターになりますね。

    ☆5以下に関しては計算していないのでご了承ください。

    ちなみに、人様にお勧めした責任を取って(単純に佐竹がほしかったという噂もありますが)ステ5ガチャを回したのですが、☆7が3体(紫禁、小峰、小峰)☆6が2体(佐竹ともう1枚)
    でした。(被った小峰は紫禁のご飯になりました。)
    とりあえず高レアの初拳を入手したので、今後は拳を使う機会ができると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト内検索

最新記事が見えない場合

F5で最新記事の表示か更新がされる可能性があります

このページの先頭へ