【アイアンサーガ】模擬作戦を簡単にクリアする方法、バルキリーAとグニエーヴルが超オススメ【アイサガ】

模擬作戦
模擬作戦は次の3つを守れば大体簡単にクリアできます。

①機体はバルキリーA、パイロットはグニエーヴル
②ロックオンは自動モード
③スタート位置から動かずにC連打か、強敵から画面対角に逃げつつC連打

模擬作戦での機体とパイロットのオススメ

機体はバルキリーA、パイロットはグニエーヴルが超オススメ

パイロットと機体のオススメ

バルキリーAとグニエーヴルはどちらも初期入手できますが模擬作戦だと操作が簡単でとても強いです。

とりあえず初心者はこの組み合わせが超オススメです。
別パイロットの撃墜数稼ぎは模擬作戦に慣れてからの方がいいですね。

ただグニエーヴルが強い理由は「性格=軟弱」の影響なので、性格が軟弱のパイロットなら誰でも同じように楽です。

初心者はなんとなくベカスを使う人がいるかもしれませんが、ベカスの性格の理性は敵撃破でSPが増えません。相性の悪いステージが多いので避けましょう。

性格はパイロットのステータスから確認できます

性格

戦闘設定など

ロックオン

ロックオン

ロックオンは自動モードがオススメです。
敵の方向を向いたまま逆方向に逃げれるので操作量が減って楽です。

画面モード(画面回転)

画面モードは好みで選んで問題ないです。
ロックオンが自動モードなら複雑な操作は必要ないので、プレイヤーがスマホなどの持ち方を変える必要がない方を選ぶ方が楽だと思います。

戦闘中の基本行動

①スタート位置から動かずにC連打

バルキリーAとグニエーヴルの組み合わせなら、C連打だけで多くのステージがクリアできます。

グニエーヴルは性格が軟弱なので敵撃破時のSP増加量がとても多いです。
そのためSPが切れることがあまりないため、スタート位置から動かずにC連打だけでクリアできます。

スタート位置から動かないのは操作が楽だからというのもありますが、画面端からランダムに敵が出てくるステージの場合、進行方向から敵が出て来て危ないからというのもあります。

②強敵は画面対角に逃げつつC連打

ステージ最後の方になると強敵が出現する場合があります。
強敵は火力が高くて危険なのと、硬いのでC連打だけだとSP不足になりやすいです。

強敵は画面対角に逃げつつ、SP自然増加を待ちながらC連打で簡単に倒せます。

■画面対角に逃げるメリット
(1)全部の敵が自機の対角にまとまる
(2)敵側は射程が足りずに無力化か、一部の攻撃しかしてこない対角逃げ

バルキリーAを使う時のコツ

①Aボタン

Aはソードを振り回す近接攻撃でSP消費せず使えます。
AはC連打するとSPが切れるパイロットだけが使うと考えてもOKです。

SP不足になるパイロットは戦闘開始直後のSP稼ぎや、最後の硬い敵に対してSPが切れた時に使うと時間短縮になります。

A3連続まではその場でソード振り回し、AAAAのシールドタックル、AABの回転斬あたりは使いやすいかなと思います。

実際に使うコツは敵と密着してからだとすぐダウン攻撃をくらうので、ソードの先がギリギリ当たるくらいの距離から使う方が安全です。

②Bボタン

SP10%を消費して正面にバルカンを撃ちます。
火力が低めでSPがもったいないので使わない方がいいです。

③Cボタン

SP20%を消費して誘導弾を撃ちます。
この武器がバルキリーAをオススメしている理由で非常に強力です。

必殺技(Cボタン)の中でもSP消費が低めで効率良く、誘導弾は敵にほぼ確実に当たるので細かい操作が必要なく楽に早く倒せます。

④状況に合わせた対応

(1)射撃ガードをしてくる、敵の出現間隔が大きい場合
この場合はC連打をゆっくりにした方がSPに余裕ができます。

誘導弾がまとめて射撃ガードされるとその分はSPが無駄になりますし、敵の出現間隔が大きいと誘導弾は消えてしまいます。

誘導弾は敵が居なくてもしばらくはグルグル回ってますが、飛行時間が無限ではないのでそのうち消えます。

(2)ダウンして複数の雑魚敵相手に囲まれた場合
SPがあるなら他の行動をするよりもC連打して倒す方が安全です。

(3)強敵が張り付いてきて距離を離せない
強敵の中には張り付き力が高い敵もいます。

それらの敵はただ移動するよりも、C連打をしながら移動した方が敵が被弾でひるんで逃げやすいです。

他にもステージ毎の敵出現数を知っていれば強敵の出現タイミングは大体わかるので、SPが多く残るように調整したり、強敵出現直前に誘導弾が画面に多く残るようにするなども有効ですね~。

合わせて読みたい記事

模擬作戦で巨大ミサイルが飛んできてクリアできない人向けの対策

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト内検索

最新記事が見えない場合

F5で最新記事の表示か更新がされる可能性があります

このページの先頭へ