【アイギス】異世界の騎士:神級 300体討伐|攻略・大討伐ミッション・アルスラーン戦記コラボ

大討伐: 異世界の騎士 神級 300体討伐

実況動画

編成

異世界の騎士_編成

要注意敵:249~

撃破数249でボス2人が出現

異世界の騎士_終盤配置1

ここからラストのラッシュでボスが2人出現します。

右下のハンマーボスが遠距離の範囲攻撃タイプ、
右上の仮面剣士は遠距離の単体攻撃で攻撃速度が速いタイプです。

■攻撃力:どちらも物理攻撃
ハンマー:3000
仮面剣士:近2400、遠1200

ボスは約30秒の時間差で到達

異世界の騎士_終盤配置2

ボスはどちらもスキル使用しないと耐えれないくらい強力で、しかも30秒ほど時間差を付けて移動してきます。

なので長時間耐えれるユニットが必要です。

1人で耐える場合の目安は70~80秒くらいです。
※マリーベルの覚醒スキルは効果80秒なのでOKでした

もしくは動画のように2人使って時間を稼いでもOKです。

仮面剣士はスパイクシールドがとても有効

異世界の騎士_終盤配置4

仮面剣士のような攻撃速度が早いタイプには、ベルニスのスパイクシールドがとても有効です。

動画のように使用すれば、ベルニスだけでも仮面剣士の体力を70%以上削れちゃいますね~。

“【アイギス】異世界の騎士:神級 300体討伐|攻略・大討伐ミッション・アルスラーン戦記コラボ” への8件のフィードバック

  1. ラミン より:

    こうやって見るとスパイクシールド強いなぁ。
    ジェリウスが来てからベルニス姉さんの出番がすっかりなくなってたけどスキル覚醒すればまだまだ出番ありそうですね。

    • 茄子 より:

      >ラミンさんへ
      敵の火力があるほどダメージ出ますからね~。
      ベルニスを頻繁に使わないならスキル覚醒させるのは結構いいですよー。

  2. そらねこ より:

    更新お疲れ様ですー

    範囲攻撃を意識し過ぎて仮面の騎士に崩壊させられました(((^^;)
    ベルニス使えば楽なのでは……?と考えてたらまさに実践されてて非常に参考になりました。
    ただ、一回のヒールまでに削られる量を見るに、ベルニスに対してそこそこしっかりとしたバフがいるかなって感じましたね……

    • 茄子 より:

      >そらねこさんへ
      どうもですー( ´ ▽ ` )ノ

      仮面剣士の攻撃力は近2400、遠1200なので動画だとダメージ下限になってますね~。

      遠距離攻撃の間は普通に耐えて、
      ベルニスブロック後はライチの代わりに神官戦士を設置したり、
      オデットをヒーラーに変えても良いと思いますよ~。

  3. ガテゾーン より:

    お疲れ様です。
    今回は最後のボス2人以外は飛行や魔法攻撃のような敵がおらず、コラボからの新規さんにも取っつきやすいようになってる感じでしょうか。
    しかし上限300体だと、10000体ゴールまでがメンドクサイですね(^-^;

    • 茄子 より:

      >ガテゾーンさんへ
      250体討伐の魔水晶50個までは入手しやすくしてくれてそうですね。

      今回は放置できる形で適当に270体くらい倒して周回しました~。

  4. ナスさん、お疲れ様です。

    今回の大討伐ミッション、確かにボス強い事は強かったんですがコラボ企画という事もあってか、最近のムチャクチャ感はなく、程よくという印象を受けました。敵が地上だけで、対策も特化しやすかったですしね。
    今回神級が300体で回数は重ねないといけませんが、500体に比べかなりサクサクと進められますね。これからも、この位の数でもうちょっと高難度でやってくれたら嬉しいのになあと。500体だと、なんかやたら間延びしてしまう時もありますよね。でも300体で難度調整するとなると、結局ボスのステータスに依存しちゃうんでしょうけど•••

    • 茄子 より:

      >じゃぱでりかさんへ
      どうもです~( ´ ▽ ` )ノ

      今回はコラボということも含めて新しいことを試してた感じですねー。

      300体はこれからもたまにくるかもとは思ってます。
      他ミッションのことを考えると300体でも、
      問題なく作りこめる気がするんですよね~。

      大討伐で周回するのがめんどくさいと思ったときは、
      放置できる形で適当にしちゃいますねー。

      それでも大討伐の報酬は十分おいしいんですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト内検索

最新記事が見えない場合

F5で最新記事の表示か更新がされる可能性があります

このページの先頭へ